紅葉・平岡八幡宮(京都市右京区)
地図はコチラ ⇒
 旧山城国最古の八幡宮、それがコノ平岡八幡宮。
 弘法大師空海が神護寺の守護として、自分で描いた僧形八幡神像を
 御神体として宇佐八幡より勧請、創建されたのが809年。
 その後、廃退と再興を経て、室町時代には社殿を焼失するものの、
 足利義満により再建されたそうな。

 現在の建物の多くは江戸時代に修復されたもので、本堂は
 市内に現存する数少ない切妻造本殿の1つだそうです。
 他の見どころとしては、境内約200種の椿(11〜3月)、
 京都市内最大級の樹齢600年以上の椎、などです。

 行き方は、京都市内から周山街道(R162)を北へ。
 北部クリーンセンターから2つ目の信号を右へ。

  <プチ情報>
 ・そのまま周山街道を北に向かえばすぐ高雄
 ・樹齢200年の紅椿や170年の白椿も

 <最新はんと日 '09/11/29>
 見頃は過ぎておりました。
 高雄での仕事帰りに何となく寄って撮っただけです。


参道には1本だけ大イチョウが。 モミジは両脇に並んでおります(駐車スペースが参道、って点が写真撮るには残念かな)。
 

 

    
inserted by FC2 system