大和葛城山・パラグライダー場(奈良県御所市)
地図はコチラ ⇒
 大阪と奈良の境に連なる生駒山地と葛城・金剛山地。
 その葛城・金剛山地の北端にそびえ立つのが大和葛城山
 標高959mの山頂には、大阪側、奈良側両方の街々を遠く望む
 ことが出来る壮大な景色が広がっています。
 また、ツツジやススキの名所でもあり、見頃である春や秋には
 多くの登山客や観光客で賑わうそうです。
 ちなみに大和葛城山というのは通称で、和歌山と大阪の境にある
 葛城山(和泉葛城山)との混同を避けるためのモノです。

 その水越峠側からの登山道途中、不自然に展望が開けた場所が。
 整地された急斜面と風向計があることから、パラグライダーや
 パラセイリングなどの離陸ポイントではないかと推測されます。
 視界はやや狭いものの、奈良盆地の南側を視界遮るモノ無しで
 一望でき、山登り途中の休憩ポイントにも最適かと思います。

 <プチ情報>
 ・山頂から10〜15分下った登山道脇にあります
 ・トイレなし、麓に有料駐車場あり、外灯なし

 <最新はんと日 '11/12/27>
 日暮れ前に発見し、下る時に寄りました。
 転げ落ちたい衝動と戦いながらの撮影でした。

 

 

    
inserted by FC2 system